ep41 猛暑からの逃避? カナダや軽井沢の仕事場としての魅力の話と、ポッドキャストならではの気をつけるポイント image
XCrossing
ep41 猛暑からの逃避? カナダや軽井沢の仕事場としての魅力の話と、ポッドキャストならではの気をつけるポイント
436 Plays
6 months ago

リモートワークの普及で、テック系の会社では住む場所の選択肢が多様化。避暑地でもあるカナダや軽井沢の状況の変化を取り上げました。後半は、ポッドキャストを1年弱、続けてきて気づいたことを話しました

01:02 世界の大都市は暑くて住めなくなるのでは。ナウシカの世界

03:08 人類は北極と南極に近いところに移住していくのでは

04:04 カナダ・トロントは人口が増えている。冬は寒いが、移民に寛容

06:05 ウォータールーは製造業やAIなど、トロントでは医療とか薬学などが有名

06:56 Googleのウォータールー、トロント、モントリオールのオフィスを拡張している

07:16 AIなど人材獲得競争がすごすぎる

07:57 暑くなっていくことを考えると北に引っ越したほうがいいか考え始めている

09:30 軽井沢は東京から新幹線で1時間というのが強い

10:07 軽井沢の5-6億の物件、やってはいけないこと、コミュニティ

11:20 LISTENのオフ会に行ってきた

12:06 ポッドキャスターが20人くらい+聴き専の人が集まった

13:02 ポッドキャスト&クラフトビアバー「雑談」@東京・東中野

14:42 オフ会(飲み会)で録音したものをAI文字おこしにかけてどうなるかという実験

16:14 想像以上に人は特徴がある。声だけじゃなくしゃべり方でも認識

17:04 USJ現地収録に対するフィードバック:”間”の違い

19:12 リモート収録での気構えと、対面での収録での間とテンポ

20:19 徐々にナレッジが溜まっている

20:52 音だけで話す時に気をつけるポイント:話すトピックがどんなものか説明する

21:33 テレビやラジオのプロはちゃんと説明を加えていることに気づく

22:18 アメリカ人に通訳するときも同じ。日本人はハイコンテキストで分かるが、前提がないアメリカ人には説明しないと通じない

リンク


プロダクトマネジメントとプロダクト開発組織づくりを専門とする及川卓也。アメリカ・ニューヨークでスタートアップ投資する関信浩。マーケティング・広報・プロダクトマネジメントを幅広く手掛ける上野美香。テクノロジー業界で働く3人が、気になる話題を毎回、異なった視点で語り合います。

XCrossing website https://x-crossing.com/

XCrossing Official X account (former Twitter) @x_crossing_

及川卓也 @takoratta

関信浩 @NobuhiroSeki

上野美香 @mikamika59

Recommended